クリニックブログ

2013.10.15更新

笑ったときに、何気なくのぞく銀歯......。これに拒絶反応を覚える方も多いようです。でも最近は、詰め物も進化してますからね。セラミックなんて、ほとんど天然の歯の色と変わりありませんし、治療によっては、「え、ここ虫歯だったの?」なんて仕上がりも夢ではないんです。

ところで、セラミックというと「硬くて丈夫なんでしょう」と言う人がいます。確かにセラミックは丈夫な素材ですが、ヒミツはそれだけじゃないのです。
「詰め物は、硬ければ硬いほどよい」としたら、どうですか?

どんなにフィットする詰め物をつくっても、あまりに硬すぎたら、健康な部分を傷つけてしまうかもしれないし、だいいち天然の歯以上の強度は必要ないはずですよね。人間の身体を構成する組織(これは歯もそうですが)とは本来、適度なしなやかさを備えているものなんです。セラミックはその性質に極めて近い......。これは、私達は「生体親和性が高い」と言っているんですけども、言い方を変えると「身体に馴染みやすい」ということなのですね。
「せっかく治すのに、銀歯なんて......」という方、セラミックは要注目ですよ。

投稿者: 南町歯科医院

2013.10.15更新

「歯並びが悪くて、鏡を見るのがイヤ......」、こんな患者さんがよくいらっしゃいます。
 わかりますねえ、その気持ち。なかには、口を開けると歯が見えてしまうので、もう何年も人前で大笑いしていない、なんていうお嬢さんもいらっしゃいました。

歯並びの悪さは歯学的には「歯列不正」といいます。で、この歯列不正ですが、見かけ上の問題点だけではなく、もっと重大なリスクがあるんです。例えば、歯並びの悪さから噛み合わせにアンバランスが生じ、それが原因で歯ぎしりやいびきを引き起こすもの。また左右で噛み合わせが不均等なことから顎関節症の原因になるケース。ほかにも歯垢や歯石が沈着しやすく虫歯になりやすかったりと、いろいろ問題があるわけです。
 矯正は、今の保険制度では、口蓋裂や顎の骨の手術を伴う場合を除いて健康保険の適用外ですが、治療技術は進歩しており、その予後も大変好成績になっています。

また、お子さんの矯正をいつ始めるかですが、これは、決まりはありません。不安があった時点で受診してもらうのがよいでしょう。

当院では「アクアシステム矯正」を採用していますが、これは従来のものと違って金属製ワイヤーがないマウスピースです。笑ったときの矯正器具に拒否反応を覚える方も多いので、おすすめですね。

投稿者: 南町歯科医院

2013.10.15更新

最近ではまず目にしませんが、歯科医療が一般化する以前は、歯の一部を欠いてしまっても、みんなそのままにしていたものでした。

ですが、これ、歯科的見地からすると大変リスキーなことなのです。というのも、歯が一部欠けているということは、そこから細菌が歯の中に入り込む余地をわざわざつくってしまっているからなんです。また、欠けた歯をそのままにすると、食事のたびにそこにものがあたり、いびつな形に摩耗が進行することも考えられます。
 もちろん、冷たい食べ物がしみたりもするでしょうし、衛生状態を維持し難いわけですから、虫歯にもなりやすい......。う〜ん、やっぱり、欠けたものは補っておかないと!

というわけで、私達歯科医の出番です。欠けた歯を補う治療として一般的なのが「レジン充填」というもので、これはプラスチックを部分的に積める方法です。これは保険内で可能。

もし自費で、という人には「ダイレクトボンディング」といって、欠けた箇所にハイブリッドセラミックを積める方法や、「ラミネートベニア」(歯の表面を薄く削りセラミック等でできた膜を装着する方法)があります。いずれにしても、欠けた歯をそのままにしておくなんて、精神衛生上よくありません。迷わずに治療しましょう。

投稿者: 南町歯科医院

2013.10.05更新

歯の黄ばみに悩む人は多いですよね。この黄ばみ、いったい何が原因なのか考えたことがありますか?
まず思いつくのはタバコのヤニではないでしょうか?

 事実、喫煙者の歯はまず例外なく黄ばんでいます。また、コーヒーやお茶の過度な摂取、カレーやケチャップなど色が濃い食品の影響もあります。けれど、これらはあくまでも外部からのいわば「着色」であって、歯そのものの変色ではありません。厄介なのは、歯の内部から色がくすんだり黄ばんだりする「変色」です。

 実は歯の表面(エナメル質)というのは、本来色がついていなくて、半透明の結晶なんです。歯の色というのは、エナメル質のさらに内側、象牙質と呼ばれる部分の色なんですね。で、この象牙質は純白ではなくてやや黄色がかっているので、エナメル質の透明度が低下すると、歯のくすみや黄ばみが生じてくると、こういうわけです。
 象牙質じたいが経年的に黄色味を増すケースもあり、これらには先天的な個人差もありますから、自分の努力だけではどうにもならない面もあるといえますね(事実、歯磨きはちゃんとしてるし、コ−ヒーもタバコもやらない、定期的に歯科検診も受けている、という人でも歯の黄ばみに悩んでいる人はいます)。

 そんな人のためにあるのが「ホワイトニング」。その方法もさまざまで、患者さんの事情に合わせたアプローチが可能ですし、技術も進歩していますから、副作用などの心配もまずありません。

 白く美しい歯は、誰もが憧れるもの。悩んでいる前にホワイトニングを試してみてはいかがでしょう?

投稿者: 南町歯科医院

お問い合わせ・ご相談について

CONTACT US

地域のかかりつけ医としてお悩みに対して
的確な判断と治療でお応えします

当院では患者さんとの「対話」を大切にしています。不安なこと、よくわからないことなど何でもお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちらまで 043-265-1810 診療時間 9:30〜13:00 15:00〜19:00 休診日 木曜・日曜・祝日 土曜は不定期で休診
common_tel_sp.png
  • クリニックブログクリニックブログ
  • インプラント 専門サイトインプラント 専門サイト
  • 歯医者ガイド歯医者ガイド