医院紹介

院長紹介

先生が歯科医になろうと決めたきっかけは?

本当はパイロットになりたかったんですよ(笑)。
あいにくと目が悪かったので断念しましたが、当時レーシックがあったら、今はまったく違った人生を送っていたかもしれません…。
きっと何か「資格」をもってする仕事というものに憧れがあったんですね。
それでいったん海外の学校に通ったんですが、その間に医療従事者への憧れが芽生えまして、幸い、数学と英語がまあまあ得意だったので、帰国後すぐに昭和大学の歯学部に入ったんです。

正直に言えば、さほど立派な志があったわけではありませんけれど、それでも勉強していくうちに歯科医療の奥深さというか、社会的意義のようなものに気付き、のめり込んでいきました。

大学では、歯学部卒業後に補綴科Ⅱ(現在は高齢者歯科の研究室)というところに入局してフルデンチャー(歯を全欠損した場合に入れる総入れ歯)を主とした研究をしました。

その後、この南町歯科医院を開設したのは、平成3年ですから、もう20年以上になりますね。
もともと自分が育った地域で医療を行なえるということには、大変な充実感を感じています。

学生時代や研究時代、実際に歯科医になる勉強をされていくなかで、当時お感じになったことを教えて下さい。

やはり、大学での研究と臨床上の「患者さんのニーズ」には、いろいろな意味で隔たりがあるものだなあと思いました。
恩師である補綴科Ⅱの山形先生が、フルデンチャーだけでなく、さまざまな部分症例をはじめ比較的自由に研究させてくれました。当時はインプラントが世の中に出たばかりだったのですが、「将来的には大きな流れになるから」と私に勉強をすすめてくれたのです。
顎口外裂など、形成外科領域の症例に対してインプラントを応用するといったケースもあり、非常に将来性のある分野だなと思ったことを覚えています。

いずれにしても、医学の勉強と実際の臨床というのは、どちらかが独立して機能するのではダメで、双方が同時進行的に動いていかなくてはいけないんですね。
医学上の重要な成果が単なる「研究」で終わってしまってはダメだし、臨床上の優れた成果も科学的裏付けがなくては意味がありません。
医療に携わる以上は、冷静で優れた研究者でありながら同時に「人の痛みがわかる」人間的な心をもっていなくてはならないことを学びました。

歯科医師として、日頃心がけていることは何でしょう?

今、お話ししたことと関係しているのですが、「押し付けない医療」ということでしょうか。
患者さんにとっては、私達が当たり前のように使っている専門用語も意味がわからないはずですし、そういったものをひけらかしてもよい治療はできません。
まずは、いろいろな意味で目線を患者さんと合わせて「さあ、一緒に健康になりましょう!」という気持ちで接することだと思います。

近年よく言われることですが「医療は究極のサービス業」なのです。
そういう意味では私達が行なう医療行為は、医師が独断ですべてを進められるものではなく、あくまでも「患者さんとの共同作業」であるべきだと思うのです。
もちろん、ときには患者さんをリードして、医師としての意思を貫く必要もあります。
ただし、そこには医師と患者さんとの間に絶対的な信頼関係がなくてはなりません。
そういった「よい関係」が築けたとき、治療効果は最大になるのだろうし、患者さんにとっても医師にとっても「よい医療」が達成できるのではないかと思います。

その上で、なるべくリラックスして治療を受けていただいたり、身体や心への負担が少ない治療をしていったり……。

私は、できるだけ「抜かずに」ということを念頭においていますけれど、それも患者さんの負担を可能な限り少なくしたいという思いからです。
一度失った歯は決して戻りません。
まずは「いかに歯を温存できるか?」を考えるのは歯科医の使命でしょうね。

また、必要がない限り、保険制度をできるだけ活用した治療を提案していくといったところでしょうか。

先生の性格をご自身で分析すると、どんなものになりますか?

白衣を着ているときは緻密で妥協が大嫌いですが、普段は案外、テキトーかもしれませんよ(笑)。

それに医師だって、ただの人間です。
私も人並みにファッションに気を使ったりしますし、旅行が好きで世界遺産を全部見たいなんて思っていたりもします。
いろいろなことに興味がありますから、患者さんとお話しするのも楽しいですね。

たぶん私は「人」が好きなんです。
人それぞれに違う人生や夢、そういうものに接するのはとても有意義なこと。
それをしながら、多くの人の健康維持をお手伝いできるのですから、今の仕事はとてもやりがいがあるものですね。

プロフィール

生年月日 1964年11月16生まれ
出身地 千葉県
趣味 旅行、ダイビング
子どものときになりたかった職業 パイロット(今でも飛行機が大好きです!)

経歴

平成元年3月 昭和大学歯学部 卒業
平成元年4月 昭和大学歯学部補綴科Ⅱ特別研究生 入局
平成3年5月 千葉県蘇我にて南町歯科医院 開業

所属

SJCD(Society of Japan Clinical Dentistry)
日本顎顔面インプラント学会(Japanese Academy of Maxillofacial Implants)
点滴療法研究会マスターズクラブ
国際オーソモレキュラー医学会
臨床水素治療研究会

医院紹介

医院名 南町歯科医院
診療科目 一般歯科・小児歯科・口腔外科・予防歯科・歯周病治療・矯正治療・インプラント・審美歯科
所在地 〒260-0842 
千葉県千葉市中央区南町3丁目18−15
最寄り駅 JR京葉線・内房線・外房線「蘇我駅」徒歩10分
駐車場 7台

アクセス・診療時間

診療時間日・祝
9:30~13:00 休診 休診
15:00~19:00 休診 休診

休診日 木曜・日曜・祝日
 不定期で休診

 
 

設備紹介

待ち合いスペース

明るく広々とした空間で、リラックスしてお過ごしいただけます。

個室診療室

当院では個室診療室を完備しています。患者さんのプライバシーを保護し、周りを気にせずに落ち着いて治療を受けていただけます。

説明用モニタ

診療チェアに座った姿勢のままご覧いただけるモニタで、治療に関する説明もわかりやすく行なえます。

レーザー

歯科医療におけるレーザーの応用は、1960年に発明された「ルビーレーザー」が始まりとされています。
当時の技術では、歯牙組織に対して熱変性を生じるなどの問題もありましたが、レーザーをパルス化した「YAGレーザー」や半導体レーザーなどが開発され、歯肉の切開や歯周病治療に積極的に用いられるようになりました。

レーザーを用いない従来の治療では、細菌感染によって神経に炎症が起こるのを未然に防ぐため、神経を抜いていたケースがありました。しかし、レーザーによって細菌を死滅させることができるようになったため、極めて侵襲の少ない治療が可能となりました。

また、歯石除去にも積極的に利用されることから予防歯科においても大きい成果を上げているほか、口内炎、口角炎にも効果があります。

レーザー治療の適応

歯周治療、根管治療、歯の神経の治療、メラニン除去、切開・切除、歯質の強化、口内炎、など

レーザー治療の特徴

出血が少ない、手術時間の短縮、痛みが少ない、手術による身体的侵襲を軽減、術後に化膿しにくい、など

レーザーの種類
  • 炭酸ガス(C02)レーザーメス

炭酸ガスレーザーメスは、周術期疼痛管理(術前・術中・術後)に有利な医療器具です。

  • 歯科用ハードレーザー

歯科において使われるレーザーにはハードとソフトの2種類がありますが、現在一般的なのがハードレーザーです。

  • 半導体レーザー

止血効果の非常に高いレーザーで、インプラント治療においても使用されます。

  • ウォーターレーザー

熱を発生させずに水の力で削るレーザーです。麻酔をかけずに削ることも可能で、患者さんへの負担を軽減できます。

  • ペリオウェーブ

薬剤を使うことなく光の力で殺菌するレーザーです。歯周病治療やインプラントのメンテナンスに使用します。

ヒールオゾン治療器

虫歯や歯周病の原因となる口内の細菌・バクテリア等をオゾンガスで強力に殺菌します。従来の治療器は湿度が高い日本には適していませんでしたが、当院ではオゾンガスの濃度が従来の6倍に改良された最新機器を取り入れており、効果的な治療が可能です。痛み・怖さ・不快な音がないため、患者さんが快適に治療を受けられます。

歯科用CT

患者さんの歯や骨の状態を立体的に撮影し、レントゲンだけでは把握できなかった細部まで確認できる機器です。噛み合わせの治療・インプラント治療・矯正治療など、さまざまな治療に役立ちます。

マイクロスコープ

患部を最大24倍に拡大し、精密な診断・治療を可能にします。従来の歯科治療では、人間の肉眼で確認できない部分は歯科医師が経験に基づき手探りで治療を行なうことも少なくありませんでした。マイクロスコープを使用すれば、患部を観察しながら正確な治療を行なえます。重度な虫歯の治療時(根管治療)等に活用しております。

お問い合わせ・ご相談について

CONTACT US

地域のかかりつけ医としてお悩みに対して
的確な判断と治療でお応えします

当院では患者さんとの「対話」を大切にしています。不安なこと、よくわからないことなど何でもお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちらまで 043-265-1810 診療時間 9:30〜13:00 15:00〜19:00 休診日 木曜・日曜・祝日 土曜は不定期で休診
common_tel_sp.png
  • クリニックブログクリニックブログ
  • インプラント 専門サイトインプラント 専門サイト
  • 歯医者ガイド歯医者ガイド