入れ歯

当院の入れ歯治療

義歯とは、いわゆる「入れ歯」のことです。一般に歯を欠損した場合の治療法のひとつとして選択されますが、そのメリットには「糖尿病等の全身疾患があっても適応となる」「噛み合わせが不安定な方でも対応できる」「比較的安価で治療できる(保険内)」などがあります。反面「治療にやや時間がかかる場合がある」「慣れるまでに違和感がある」といった短所もあります。また、インプラント治療前の審美補綴(噛み合わせ治療)にも有効です。

装着時の痛みの原因

義歯治療を選択された患者さんにおいて、装着時に痛みがあるという声が聞かれる場合もありますが、その原因は次の3つが代表例です。

原因1…歯肉と義歯が不適合である
歯を欠損した場合、歯肉が変形していびつな形になることがありますが、このような場合は噛む力が一点に集中し痛みを生じます。

原因2…歯肉に対する義歯の圧力バランスが悪い
装着部分(義歯と歯肉の接する部分)の形状バランスが悪いと、噛んだときに痛みを生じてしまいます。

原因3…歯肉が痩せてしまい義歯が安定しない
歯肉の粘膜が薄い場合や、歯肉そのものが痩せ過ぎていると、装着した義歯が動きやすくなり痛みが出ます。
また、唾液分泌が少ないと歯肉粘膜に傷がつき痛みを生むこともあります。

入れ歯治療のメリット/デメリット

メリット
  • 糖尿病等の全身疾患があっても適応となる
  • 噛み合わせが不安定な方でも対応できる
  • 比較的安価で治療できる(保険内)
  • インプラント治療前の審美補綴(噛み合わせ治療)にも有効
  • メンテナンスが比較的楽である
  • 歯科技工的に優れた技術によって提供できる
デメリット
  • 治療にやや時間がかかる場合がある
  • 慣れるまでに違和感がある
  • 咀嚼力がさほど高くない

入れ歯の種類

チタン床

軽くて薄いチタン床は、装着時の違和感が少なく、発音に支障がないことがメリットです。飲食物の熱さ・冷たさを鮮明に感じることができるので、さまざまな食事を楽しめます。

コバルトクロム床

金属床の中でも歴史があり広く使われている素材で、チタン床よりも安価です。レジン床と比べて薄く、違和感の少なさや発音のしやすさがメリットです。

レジン床

保険適応なので安価で作ることができます。プラスチック製で金属床に比べて厚く、装着時の違和感や発音のしづらさが気になる場合があります。また、熱を通さないため飲食物の温度を感じにくい点もデメリットです。

ナチュラルデンチャー

ナチュラルデンチャーとは、バネ部分に金属を使用せず、歯茎に似た色の樹脂素材を使った部分入れ歯です。審美性に優れ、他の人から入れ歯と気づかれにくいのが特徴です。薄く、軽く、弾力があるためお口の中にフィットしやすく、自然な装着感も魅力です。金属アレルギーの方にもおすすめです。なお、患者さんのお口の状態に応じて金属バネと併用する場合もあります。

費用

チタン床 約350,000円
コバルトクロム床 約250,000円
レジン床 約70,000円
特殊義歯/ナチュラルデンチャー 約150,000円〜
特殊義歯/コンフォートレーニング 約250,000円

※費用は全て税抜価格です。

お問い合わせ・ご相談について

CONTACT US

地域のかかりつけ医としてお悩みに対して
的確な判断と治療でお応えします

当院では患者さんとの「対話」を大切にしています。不安なこと、よくわからないことなど何でもお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちらまで 043-265-1810 診療時間 9:30〜13:00 15:00〜19:00 休診日 木曜・日曜・祝日 土曜は不定期で休診
common_tel_sp.png
  • クリニックブログクリニックブログ
  • インプラント 専門サイトインプラント 専門サイト
  • 歯医者ガイド歯医者ガイド