ホーム > 診療案内

診療案内

診療案内

義歯

義歯

義歯とは、いわゆる「入れ歯」のことです。

一般に歯を欠損した場合の治療法のひとつとして選択されますが、そのメリットには「糖尿病等の全身疾患があっても適応となる」「噛み合わせが不安定な方でも対応できる」「比較的安価で治療できる(保険内)」などがあります。

反面「治療にやや時間がかかる場合がある」「慣れるまでに違和感がある」といった短所もあります。

また、インプラント治療前の審美補綴(噛み合わせ治療)にも有効です。

装着時に痛みがある場合の原因

義歯治療を選択された患者さんにおいて、装着時に痛みがあるという声が聞かれる場合もありますが、その原因は次の3つが代表例です。

原因1:歯肉と義歯が不適合である
歯を欠損した場合、歯肉が変形していびつな形になることがありますが、このような場合は噛む力が一点に集中し痛みを生じます

原因2:歯肉に対する義歯の圧力バランスが悪い
装着部分(義歯と歯肉の接する部分)の形状バランスが悪いと、噛んだときに痛みを生じてしまいます。

原因3:歯肉が痩せてしまい義歯が安定しない
歯肉の粘膜が薄い場合や、歯肉そのものが痩せ過ぎていると、装着した義歯が動きやすくなり痛みが出ます。
また、唾液分泌が少ないと歯肉粘膜に傷がつき痛みを生むこともあります。

インプラント

インプラント

インプラント治療とは、欠損歯を補う治療法のひとつで、歯を失った箇所に人工の歯根を埋め込んで顎の骨と結着させたあと、人工歯冠を被せるというものです。

この人工歯根という理論が確立されたのには、「オッセオインテグレーション(人間の骨とチタンが結合する現象)」の発見がありました。
インプラント治療が産声を上げた当時は、コバルトクロム合金が主に使われていましたが、「オッセオインテグレーション」の発見と同時に、その主流はチタンに移ったのです。
そして、現在はよりいっそう優れた医療素材として人工ダイヤモンドの一種であるジルコニアというセラミックを用いた方法が確立されています。

インプラント治療の主なメリットは、まわりの健康な歯を削らなくてすむ優れた審美性天然歯に極めて近い咬合力、などがあり、欠損歯の治療において、現在のところもっとも優れたアプローチといってよいでしょう。


なお、当院のインプラント治療については、より詳しくご説明した専門サイトをご用意しております。
ぜひご参照下さい。
>>インプラント治療専門サイトはこちら

口腔外科

口腔外科

口腔外科とは、お口の中の病気全般さらに顎や舌、までの領域において、のう包、腫瘍などの疾患までを扱う分野です。
顎関節症歯周病治療が、これに該当するほか、親知らず治療ドライマウスなどもカバーしています。

また、舌がん口腔がんなど、重篤な病気が隠れていることもありますので、他科との連携が極めて重要となります。
当院では近隣の川鉄病院千葉大学病院などと病診連携を積極的にとり、患者さんの全身状態を広い視野で把握するとともに適切な治療を行っています。

矯正治療

矯正治療

歯科における矯正とは、一般的に「歯列不正」、つまり歯並びを美しく整える治療です。

歯列不正の治療は、さまざまなアプローチがありますが、当院ではまず「歯を抜かずに」ということを心がけています。
矯正治療の目的が「きれいな歯並び」なのに、そのために歯を抜くのでは意味がありません。

また歯列不正は審美的な問題以外にも、さまざまな疾患の原因となる可能性をはらんでいます。
例えば、歯並びの悪さからくる噛み合わせのアンバランスは顎関節症の大きな原因因子にもなりますし、歯並びが悪ければそれだけ歯石の付着も多くなり、口内の衛生環境維持の観点からも不利になります。

歯並びでお悩みの方は、早めに受診されることをおすすめします。

歯周病治療

歯周病治療

歯周病は、「歯の周囲組織に化膿性炎症を生じる疾患」をいいます。
多くの場合、初期段階では目立った自覚症状がないまま静かに進行していく病気なので、「おかしいな?」と思って歯科医院を訪ねたときには、かなり病状が進んでいるといったことが少なくありません。

重度の歯周病では歯茎が極端に痩せて歯がグラグラになったり、口臭がひどくなったりしますが、その予兆として「歯茎の腫れ」が現れますので、不具合を感じたら早めに受診し1日でも早く治療を開始するのが望ましいといえます。

なお、同じ「歯の周囲組織に化膿性炎症を生じる疾患」でも軽度のものは「歯肉炎」、浸襲が深いところまで及んでいるものを「歯周病」として区別することもあります。

歯周病の原因

歯周病の原因は、何といっても口内の衛生環境の悪さに起因する細菌の増加です。

「歯周病菌」という言葉を聞いたことがあると思いますが、これについて診断するのが「BML細菌検査(歯周病関連菌細菌検査)」です。
この検査によって歯周病の原因となりうる菌の種類や数を調べ、細菌除去に役立てます。

歯周病菌(1種類ではありません)が増加してしまう要因はさまざまですが、一番に挙げられるのが「歯垢(プラーク)」や「歯石」です。
これらが歯周ポケットに付着したままで放置すると、そこに最近が繁殖しやすくなり、結果的に歯茎に炎症を生じてしまうのです。

また、歯列不正、歯ぎしり、ドライマウスなども歯周病菌増化の原因となるほか、ストレスも無関係ではありません。
そう意味では、歯周病も「現代病」の一種といえなくもありません。

歯周病の予防と治療

歯周病がこわいのは、一度かかってしまうと完治させることができない点です。
もちろん早めの治療で浸襲を軽度にとどめることは可能ですが、何よりも大切なのは「日常のケア」でお口の中に細菌繁殖のスキを与えないことでしょう。
また、歯垢や歯石を定期的に除去することも含め継続的に歯科検診を受けるのも効果的です。

歯周病治療は、内服薬によるものや外科的なものまでさまざまで、その効果、予後とも近年は好成績になっていますが、一番大事なのは「予防」であることを知っておいていただきたいものです。

当院では、そのためのブラッシング指導なども積極的に行っています。

レーザー治療

レーザー(Laser)の綴りは、「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation」からきているもので、「光を増幅して可干渉性の光線を生み出す装置、またはその光線そのもの」のことをいいます。

歯科医療にこれが応用されたのは1960年のことですから、比較的新しい技術です。
国内では、歯科における普及率は30%強といわれていますが、その適応範囲は広く、虫歯治療からインプラント治療まで、さまざまに使われています。

レーザーには、虫歯の原因となる菌を死滅させる効果があり、これによって神経を抜かないいわゆる「低浸襲治療」が可能となりました。
このことは結果的に抜歯せずに歯を温存できる可能性を高めたともいえ、現代の歯科医療では欠かせない技術になっています。

また、歯石除去にも使われ、従来に比べはるかに高い治療効果を上げています。

当院では、炭酸ガスレーザー、歯科用ハードレーザー、半導体レーザーを導入して、症状に合わせた最適な治療を行っています。

[炭酸ガス(CO2)レーザーメス]

[炭酸ガス(CO2)レーザーメス]

炭酸ガスレーザーメスは、周術期疼痛管理(術前・術中・術後)に有利な医療器具です。

[歯科用ハードレーザー]

[歯科用ハードレーザー]

歯科において使われるレーザーにはハードとソフトの2種類がありますが、現在一般的なのがハードレーザーです。

[半導体レーザー]

[半導体レーザー]

止血効果の非常に高いレーザーで、インプラント治療においても使用されます。

南町歯科医院 電話番号:043-265-1810

新着情報

一覧を見る

2013/10/15

HPをリニューアルしました。

アクセス


大きな地図で見る〒260-0842
千葉県千葉市
中央区南町3丁目18-15

詳しくはこちら