ホーム > よくある質問

よくある質問

よくある質問
Q. 治療に際して、痛みが心配です……

A. 歯科医療の技術及び麻酔の技術も日々進化しており、身体への負担が少なく、昔のように「歯医者=痛い」という時代ではなくなりました。

当院では患者さんにできるだけ負担のない治療を心がけておりますので、どうぞ安心してリラックスした気持ちでお越し下さい。

Q. 麻酔にはどのようなものがありますか?

A. 一般的な局所麻酔レーザーによるもの(歯科用レーザーには麻酔効果があります)、ほかにも、意識を失う手前まで麻酔を効かせて鎮静効果を得る「精神鎮静法」もあります。
ただし、麻酔の効きやすさにも個人差があるほか、病状が悪化してくればそれだけ麻酔の効きも悪くなります。
炎症が酷い場合は、じゅうぶんな麻酔効果を得るため、いったん炎症症状が治まってから治療することもあります。

Q. 子どもの乳歯が欠けてしまいました。どうするのがよいでしょうか?

A. いずれ永久歯が生えるからと放置するお母さんもいらっしゃいますが、もしお子さんが治療を嫌がらないのであれば、補綴治療を行います
欠けた歯を放置するというのは細菌に対して無防備な状態を自らつくることになってしまいます。

Q. 口臭に悩んでいます。日頃何に注意するべきでしょうか?

A. お口のなかの衛生環境が悪くなれば当然口臭が発生します。
口臭の匂いとは、主に硫化水素の匂いで、細菌、バクテリアに起因するもののほかに、舌コケ、歯茎等に炎症がある場合、膿も原因になります。
正しいブラッシングで、お口に中に最近を繁殖させないことが大切ですが、同時に定期的な歯科検診を受けるのも効果的です。

Q. 親知らずの治療は、どのように行うのですか?

A. 基本的には抜歯が前提となります。
ただし、本音をいえば「あまり抜きたくない」のです。
というのも、抜歯には少なからず偶発症を併発するリスクがあるためです。

当院では、このリスクを最小限にするために炭酸ガスレーザーを導入しました。
痛いものを放置しておくことは身体にとってよいはずがありません。
安心して治療をお受けください。

Q. 予防歯科について教えてください

A. 歯科医療の根本は「まず虫歯にさせないこと」です。
その意味では予防歯科は医療の大前提となる分野ですし、今後はますます進歩するでしょう。
当院では[PMTC]を保険内治療として実践しておりますので、ぜひご利用下さい。

Q. 虫歯治療で神経を抜きました。このまま放置するとどうなりますか?

A. 神経を失った歯が、その後どうなるかという研究は結果が出ており、10年で40%、20年で68%が歯を温存できないという報告がされています。
ただし、いずれも保険内治療での結果です。
もちろん、この温存率は、詰め物の質や治療技術の善し悪しによって変わります。

Q. ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングはどちらがよいですか?

A. ホームホワイトニングのメリットは、患者さん自身が達成レベルを決められることです。
つまり、このへんでよいか、と本人が思えば、その時点で治療をやめればよいのです。
ただし、自宅での処置は医師の管理下からは離れていますので、しっかりした指導と説明、さらにケアができる歯科医とお付き合いすることが前提です。

Q. 義歯、ブリッジ、インプラントはどっちがよいですか?

A. それぞれに適応がありますので一概にはいえませんが、インプラントは適応とならないケースがあります。
糖尿病や骨粗鬆症を持病としてもっている場合がそれに当たります。

また義歯での治療はほとんどの場合保険内で対応できますが、インプラントは自費診療となります。
ブリッジも保険内治療が基本的で、一部自費となるアプローチもあります。
インプラント治療が普及するにつれ、国内でもさまざまなクレームが発生しているのも知っておくべきでしょう。
やたらと安価なインプラントや、持病があっても大丈夫とうたっているケースは要注意です。

義歯、ブリッジ、インプラントには、それぞれ長所と短所、さらに患者さんの状態に応じた適応があります。
治療にあたっては、歯科医としっかり相談する必要があります。

Q. 結婚式までに歯を白くしたい! いつ始めたらいいですか?

A. ホワイトニングには、徐々に効果が現れるもの、すぐに効果が得られるものなどがあります。
患者さんの事情に合わせたアプローチをご提案しますので、急な都合がある場合は遠慮なくお申し出下さい

なお、ホワイトニングにおいて絶対的な禁怠症状に「無カタラーゼ症」があります。
この患者さんは、漂白剤の成分である過酸化水素を分解することができないのです。
また、未治療の虫歯、妊婦さん、重度の歯周病がある場合も、積極的ホワイトニングは行うべきでありません。

Q. 歯を漂白? なんだかこわいんですけど、副作用とかはないの?

A. 歯科医院で使用する漂白薬剤は、過酸化水素もしくは過酸化尿素を主原料としており、適正な処方さえ守れば副作用はないと考えてよいでしょう。
また、治療中にすこしだけしみる場合もありますが、一時的なものですので心配はいりません。

Q. クレジットカードは使えますか?

A. 自費診療にはご利用になれます。詳しくはお問い合わせください。

Q. 子ども連れでもいいですか?

A. もちろん問題ございません
多くの方がお子さん連れでいらっしゃっています。
当院ではキッズスペースも用意しておりますのでご安心下さい。

Q. 車を停めれられますか?

A. 医院前に7台分の専用駐車スペースをご用意しています。

南町歯科医院 電話番号:043-265-1810

新着情報

一覧を見る

2013/10/15

HPをリニューアルしました。

アクセス


大きな地図で見る〒260-0842
千葉県千葉市
中央区南町3丁目18-15

詳しくはこちら